アマデウスの評価とオススメ運用方法

アマデウスの評価とオススメ運用方法


「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト」の評価やオススメの運用方法を紹介していきます。相性の良いサーヴァント・礼装なども載せているので、攻略の参考にして下さい。

Advertisement

特徴

【長所】
・味方全体のアーツ性能を1T大幅強化出来る(最大44%)
・スターを最大50個獲得
  →使用ターン確実にクリティカルが出せる
・宝具で敵全体に攻防デバフを付与

【短所】
・宝具のデバフ付与は確率で不安定(最大でも80%)
・サポートスキルの持続が短い

基本情報

クラスキャスター
HP/ATK7,129 / 5,195
属性星・中立・善
特性男性・人型・愛する者・ギルガメッシュ宝具特攻対象外
スキル
クラススキル
コマンドカード
宝具

スキル育成の優先度

音楽神の加護≧小さな夜の曲>芸術審美 (第1&3スキルはLv10推奨)

「音楽神の加護」を最優先。味方全体のアーツ性能を最大44%UPさせ、火力だけでなくNP効率も大幅強化する事ができます。アマデウスの強みなので高Lvまで育成推奨。

並行して「小さな夜の曲」も強化。Lv10でスター50個獲得となるので、スター集中度関係なく誰でも確実にクリティカルを出す事が出来ます。
クリティカルアタッカーの強力なサポートになるのは勿論、「音楽神の加護」と合わせてのAクリで一気にNP回収も可能に。育成の恩恵が大きいので最終的にLv10まで上げましょう。

「芸術審美」は後回しでOK。宝具威力デバフの倍率が低く(最大でも18%)、対サーヴァント限定なので使用頻度が少ないです。
防御バフや攻撃デバフと合わせれば被ダメ軽減が出来るので、余裕があれば強化すると良いでしょう。

オススメの運用方法

瞬間火力サポーター

高倍率の全体アーツバフ+スター50個獲得で、瞬間的に味方を強化するサポーター運用。低コストながらサポート性能が優秀で、周回からストーリー攻略まで活躍出来るキャスター。

低ステータスで耐久は望めないので、トドメで使うか役割遂行後すぐ退場してもらう運用が基本
特に戦闘服のオーダーチェンジとは相性が良く、任意のタイミングで後衛から呼び出して瞬間強化する事ができます。登場時発動礼装でサポート力を強化するも良し、タゲ集中礼装で盾役をこなしつつ後衛に繋ぐのもお勧めです。

▼オダチェン+アマデウス(タゲ集中礼装)は高難易度サポーターで鉄板。
アーツバフ+スター50個で火力を高めつつNP回収。主力の宝具連射を実現し易いです。低ステを逆手にとってすぐ後衛に繋げられるのもメリット。

相性の良いサーヴァント

ヴラド三世(狂)「小さな夜の曲」で確実にクリティカルを出せるので、スター集中度の低いアタッカーとは相性抜群。

狂ヴラドならアーツバフ+多段HIT宝具でNP回収量を伸ばせる他、クリティカル込みで宝具連射が早くなります。
ミドラーシュのキャスター同じくスター集中の低いアタッカー。
スター50個獲得で高倍率クリバフを確実に活かせる他、アーツバフで宝具連射も容易になります。
アンデルセンスター50個獲得を活かすためにクリバフ持ちのアタッカー/サポーターと組ませるのがお勧め。

アーツバフ+毎ターンNP獲得の組み合わせで主力の宝具回転を大幅に早める事ができます。

相性の良い礼装

【登場時発動系】
オダチェンで後衛から呼び出すのが基本なので相性抜群。サポート性能を更に高める事ができます。

効果の中ではスター獲得系がお勧め。
・事前に稼いだスター+登場時スター獲得礼装
・「小さな夜の曲」
で2ターン連続でクリティカルを出す事ができます。
タゲ集中礼装もお勧め。瞬間火力サポート・盾役をこなしつつ、後衛にスムーズに繋げる事ができます。
低ステータスで効果中に倒れ易いのも◯
退場時発動系の礼装も有力候補。低ステータスで倒れ易く、退場後も味方のサポートが可能になります。

幕間の物語

▼第1節「英霊交響曲」

キャスターカテゴリの最新記事