エルドラドのバーサーカーの評価とオススメ運用方法


「エルドラドのバーサーカー」の評価やオススメの運用方法を紹介していきます。相性の良いサーヴァント・礼装なども載せているので、攻略の参考にして下さい。

[adchord]

特徴

【長所】
味方全体バフスキルが2つ有り、火力支援に長けている
毎ターンNP獲得スキルで宝具を発動させ易い
  …NP最大20%×3ターンで60%までチャージ可能
高倍率の[ギリシャ神話男性]特攻スキル
  →対象の相手にトップクラスの宝具威力を出せる
・3ターン弱体無効スキルでデバフに強い

【短所】
・耐久スキルを持たず打たれ弱い
・[ギリシャ神話系男性]の特攻対象が狭い

基本情報

クラスバーサーカー
HP/ATK10,502 / 10,175
属性地・秩序・善
特性女性・人型・神性・王
スキル
クラススキル
コマンドカード
宝具

スキル育成の優先度

黄金律(美)=軍神咆哮>カリスマ

火力重視なら「軍神咆哮」、周回運用を重視なら「黄金律」を優先しましょう。

「黄金律」は毎ターン最大20%までNP獲得。3Tで最大60%獲得になり、NP50%チャージ礼装を持たせれば宝具を発動することが出来ます。
「軍神咆哮」は全体Bバフ+特攻付与で優秀な火力スキル。特にギリシャ男性特攻は倍率が高く、Lv10で破格の100%。宝具火力UP・味方支援など恩恵の大きいスキルなのでなるべくLvを上げておきたい所です。

カリスマも全体攻撃バフで汎用性が高いものの、自身に特攻も付く「軍神咆哮」には一歩劣ります。それでも火力UPは重要なので、こちらも他スキルが終わり次第育成しましょう。

オススメの運用方法

火力サポーター兼サブアタッカー

「カリスマ」「軍神咆哮」2つの全体バフで味方火力を支援。他にバスター主体のアタッカーを置く事で、乗算で火力を効率良く伸ばすことが出来ます。

自身も「黄金律」の毎ターンNPチャージで宝具を発動させ易いのも魅力。攻撃に参加せずともNPが貯まりますし、B始動で後続の火力を上げてもOK。

▼サブアタッカーでの運用例。耐久面が脆いため、タゲ集中や防御バフなどカバー出来るスキルを持つと安定します。
特にB主体でタゲ集中を持つ槍ヴラド・パッションリップとは好相性。

周回アタッカー

「黄金律」で宝具を発動させ易い為、周回の単体アタッカーとしても起用できます。2つの火力バフで味方宝具の討ち漏らしを減らせるのも魅力。

編成の際はエルバサにNPチャージ礼装を持たせる、NP付与持ちのサポーターを入れる等、2〜3waveで宝具を打てるようにしましょう。

ギリシャ男性特攻アタッカー

「軍神咆哮」の[ギリシャ神話系男性]特攻は倍率が高く、Lv10で驚異の100%。
特攻が刺さる対象は少ないものの、敵で出てきた時は真っ先にアタッカー候補して上がります。

※ギリシャ神話系男性のサーヴァント
オリオン・ケイローン・ヘクトール・イスカンダル・アキレウス・アレキサンダー・ヘラクレス・アステリオス

▼ネロ祭でのヘラクレス戦攻略。高倍率の特攻スキルのおかげで、ガッツ発動後のHPを素殴りで削りきるなど大活躍。



▼事件簿コラボ高難易度を最短3ターン攻略。特攻対象のアレキサンダーを通常クリティカルだけで削りきってくれました。スター集中度が低いので補助役にブリュンヒルデを採用しています。

相性の良いサーヴァント

パッションリップ 最短CT4で使えるタゲ集中スキルを持ち、エルバサの介護に適役。
B主体のアタッカーなので、2種類のバフスキルで火力を大幅に伸ばす事ができます。
槍ヴラドタゲ集中スキル持ちのBアタッカー。
火力バフが宝具威力・攻撃のみなので、エルバサの「軍神咆哮」で、乗算で火力を伸ばすことができます。
レオニダスタゲ集中持ちの低レアサポーター。
スキルと宝具で味方を守れる他、全体Bバフでエルバサの火力も支援可能。

相性の良い礼装

宝具発動を補助する「NPチャージ」、火力を伸ばせる「バスター性能UP」「宝具威力UP」がオススメ。

配布ではエアリアルドライブの他、聖夜の晩餐・ゴールデン相撲などが候補に。
耐久性能が脆いので、それを補う回避/無敵付与の礼装もアリ。
エルバサは「黄金律」で毎ターンNPチャージが出来るため、礼装にNP補助が無くても運用し易いです。
【登場時発動の礼装】
控えに置いて、オーダーチェンジで火力支援要員にする使い方もあり。
「ゴールデン捕鯉」のようなスター獲得なら、自身が星を吸わないので主力のクリティカルも狙い易いです。

幕間の物語

▼第1節「トロイアの幻影」

コメント

タイトルとURLをコピーしました