項羽の評価とオススメ運用方法

項羽の評価とオススメ運用方法


「項羽」の評価やオススメの運用方法を紹介していきます。相性の良いサーヴァント・礼装なども載せているので、攻略の参考にして下さい。

Advertisement

特徴

【長所】
・汎用性の高い、全体宝具バーサーカー(初の恒常☆5)。
・クイック宝具で星出し可能。
  …スカディと組ませれば超火力を発揮。
クリティカル運用が強力。
  …第1&2スキルを合わせると、最大150%クリ威力UP。
3ターン無敵貫通持ちで、高難易度適正もある。

【短所】
・スター集中度が低く、クリティカルが狙いにくい。
  →第1スキル強化で念願のスター集中獲得!
・狂クラスで耐久性に難あり。
  …タゲ集中持ちと組ませたい。
・システム周回には不向き。
  …スカディと組ませても宝具でのNPリチャージ量は少ない。

基本情報

クラスバーサーカー
HP/ATK13,770 / 11,613
属性人・秩序・中庸
特性男性・人型
スキル
クラススキル
コマンドカード
宝具

スキル育成の優先度

戦術躯体 > 未来予知 > 覇王の武

宝具や主力のバスター火力を強化できる「戦術躯体」が最優先。Lv10にすればCT5で持続3ターンBQバフと、使い回しが良くなります。

次点で「未来予知」。強化後はクリ威力バフが最大100%まで上昇。更にS1と合わせれば最大150%。瞬間火力を大幅に伸ばすことができます。
スター集中でクリティカルも安定して出せる為、最低でもLv6までは強化。CT短縮だけでもしておきましょう。

「覇王の武」は相対的に優先度が下がるものの、スター供給でクリティカル運用がしやすくなるのと、CT短縮で無敵貫通の維持がし易くなり高難易度で重宝します。最終的にはこちらもLvを上げていくようにしましょう。

オススメの運用方法

周回用宝具アタッカー

Wスカディでの宝具3連射が出来ないものの、NP付与可能なサポーターと組めば宝具2連射までは可能。
Q宝具+高倍率クリバフ持ちは貴重で、宝具で取り巻きを蹴散らしつつクリティカルで討ち漏らしを処理。十分使い勝手は良いです。

特に1wave撃破用にアーラシュと組ませれば、汎用性の高い周回パーティを作る事が出来るのでオススメです。

▼基本的なメインアタッカー運用方法。宝具で雑魚を蹴散らしつつスター大量獲得。次ターンにクリティカルで追撃と、使い勝手の良いバーサーカー。


▼いわゆるスカディシステムでの宝具3連射出来ませんが、NP付与サポーターと組ませて宝具2連射までは可能。
宝具後のクリティカルで討ち漏らしも処理でき、周回アタッカーとしても重宝します。


▼相方としてオススメなのがブリュンヒルデ。「英雄の介添」の高倍率スター集中バフで、クリティカルを安定して狙う事ができます。

高難易度用アタッカー

スカディと組ませてのQ全体宝具は強力そのもの。クリティカルで追撃出来る上、3T無敵貫通で回避や無敵を使われても怖くありません。
バーサーカーでほぼ全ての敵に攻撃有利を取れる為、混成クラス相手ならメインアタッカー候補となります。

▼項羽を使っての高難易度攻略例。Q宝具で敵全体に大ダメージを与えつつ星出し、高倍率バフを活かしたクリティカルで残ったHPも削りきれます。
素のスター集中度は非常に低いので、いかにクリティカルを安定させるかが鍵です。

相性の良いサーヴァント

スカサハ=スカディ

Q軸サーヴァントの御用達サポーター。
項羽はQを1枚しか持っていないので、宝具威力に特化させる時に組ませる事になります。

ブリュンヒルデスキル「英雄の介添」が項羽とは相性抜群。
高倍率のスター集中バフでクリティカル運用が狙い易くなる他、クリ威力UPで更に火力を伸ばす事ができます。
水着イシュタルスキル「輝ける水の衣」のBQバフで主力カードを強化。NP獲得量UPも付いているので宝具回転を早める事ができます。

項羽が星出しが得意なバーサーカーなので、イシュタルにスターを集めてクリティカルを狙い易くなり、Wアタッカー編成でオススメの相方。
アンデルセン低レアの中でオススメなサポーター。
「人魚姫の愛」で毎ターン最大スター15個を獲得可能なので、星飽和による項羽クリティカルを狙い易くなります。

相性の良い礼装

宝具初速を早めるNPチャージ礼装が優先的な候補になります。
B3枚で自身ではNPを貯めにくいのもあり、NPチャージ量の多いカレスコだと安定して宝具発動まで持っていけます。
自前で持っていない攻撃バフを補えるので相性が良いです。NPチャージ付きで宝具を打ち易いのも◯
クリティカル運用において「登場時スター獲得」効果は相性抜群。星の数を増やす事で項羽のクリを狙い易くなります。
当然項羽以外のサポーターにつけてOK。似た効果で「聖女の教示」も候補になります。

バーサーカーカテゴリの最新記事