シュヴァリエ・デオンの評価とオススメ運用方法


「シュヴァリエ・デオン」の評価やオススメの運用方法を紹介していきます。相性の良いサーヴァント・礼装なども載せているので、攻略の参考にして下さい。

[adchord]

特徴

【長所】
・性別指定のデバフや特攻を受けない
・3Tタゲ集中スキルで味方を守る事が出来る
  …回避スキルを使えば1T無傷で凌げる
「自己暗示」でデバフに強い
  …弱体解除+弱体耐性UP。高難易度サポーターとして活躍
・宝具で敵全体を妨害できる
  …確率魅了+攻防デバフ

【短所】
・宝具の魅了付与が低確率(OC1で30%)
・宝具の攻防デバフは宝具Lvに依存する
  →逆に高Lvなら優秀なデバッファーに

基本情報

クラスセイバー
HP/ATK13,256 / 8,765
属性人・中立・中庸
特性人型・騎乗
スキル
クラススキル
コマンドカード
宝具

スキル育成の優先度

麗しの風貌>心眼>自己暗示

デオンの強みと言えるユニークスキル「麗しの風貌」を最優先。HP回復量が最大2500まで伸び耐久力が上がる他、3Tタゲ集中を最短CT5で使えるのは非常に優秀。より味方を守り易くなるので、Lv6か10までは上げておきましょう。

「心眼」は基本第3スキルと併用するので優先度高め。
防御バフの倍率UPや、回避のCT短縮で耐久力を底上げ出来るので、出来る限り高Lvまで上げておきたい所。

「自己暗示」は後回しでOKですが、特に高難易度での恩恵が高いスキル。
最短CT5で弱体解除を使える他、Lv8でクラススキルと合わせ弱体耐性100%になり、デバフの多いクエストでも安定して立ち回る事が出来ます。
まずはCT短縮でLv6まで上げ、余裕があればさらに強化すると良いでしょう。

オススメの運用方法

盾役サポーター(対高難易度)

3Tタゲ集中スキルで盾役をこなしつつ、宝具のデバフで味方をサポートしていく運用方法。

同じ3Tタゲ集中持ちにゲオルギウスがいますが、デオンの強みは以下の通り。
・星4相応のステで火力を出せる
・スターを吸いすぎない
・「対魔力」+「自己暗示」でデバフに強い
特に「自己暗示」は強力で、Lvを上げれば弱体耐性は100%以上に。「敵のデバフをタゲ集中で受け止めつつ解除or弾く」という、芸当が可能で、高難易度クエストの盾役として活躍します。

宝具も「敵全体に確率魅了+攻防デバフ」でサポート性能に優れるのが特徴。
特に攻撃デバフは耐久で便利。防御バフや攻撃デバフを重ねる事で被ダメを大幅に抑える事ができます。

ただし魅了確率は低いのでデバフやA始動での補助がメインにしましょう。
ちなみに宝具Lvでデバフ倍率が上がり、Lv5なら30%の攻防ダウンが3T継続と非常に強力。育成次第で大きな戦力となってくれるセイバーです。

▼アーツ多めなのでAパに組み込むか、A始動要員として採用するのが基本。
タゲ集中スキルが最短CT5と短く、玉藻と組ませれば更に敵の攻撃を引きつけ易くなります。

相性の良いサーヴァント

玉藻の前デオンの相方にお勧めなアーツサポーター。

・HP回復で耐久補助
・CT短縮でタゲ集中スキルの再使用を早める
・NP補助で宝具回転力を底上げ
など、デオンの強みをまとめて補強する事が出来ます。
狂ヴラド【バーサーカー全般】
3Tタゲ集中スキルを味方を守れるので、打たれ弱い鯖、特にバーサーカーとは相性◯

Aチェインを組み易いヴラド・ナイチンゲールの他、タゲ集中の切れ間も自衛出来るクーフーリン[オルタ]、茨木童子なども有力候補に。
柳生但馬守宗矩同じく攻撃デバフを付与できるA軸セイバー。

デバフを重ねれば被ダメを激減する事が出来、相手が強化解除・無敵貫通を持つ時には輝く組み合わせ。

※デオン宝具Lv5(30%)+柳生第3スキルLv10(50%)+柳生宝具OC1(20%)で、攻撃デバフ100%に。
マシュ耐久PTでの相方に。
防御バフと攻撃デバフを重ねる事で、被ダメを大きく減らす事が出来ます。

更に「麗しの風貌」の切れ間にタゲ集中を使って味方を長く守れるのも◯

相性の良い礼装

アーツ主体、かつ盾役運用で被弾が多いのでお勧め。
アーツ性能&NP獲得量UPで宝具回転を早める事が出来ます。
盾役運用での安定礼装。
防御力UPで生存力が増し、長い間味方を守り続ける事が出来ます。

男性相手なら「マグダラの聖骸布」、他ダメージカット礼装も選択肢に。
味方をとにかく守り抜きたい時に。

1:礼装の3Tタゲ集中を凌ぎきる。
2:効果が切れた時に「麗しの風貌」を使用。3ターン更にタゲ集中。
3:スキルマならアトラス院のCT短縮で連続使用可。
といった風に、長期に渡って敵の攻撃を引きつける事が出来ます。

幕間の物語

▼第1節「白百合の名の下に」

コメント

タイトルとURLをコピーしました