子ギルの評価とオススメ運用方法


「子ギル」の評価やオススメの運用方法を紹介していきます。相性の良いサーヴァント・礼装なども載せているので、攻略の参考にして下さい。

[adchord]

特徴

【長所】
・最大21%の全体攻撃バフで火力サポート可能
・「黄金律」でNPを貯めやすい
・宝具効果によって被ダメージを激減出来る
  …敵全体に宝具威力デバフ・クリ威力デバフ(OC:50〜90%)
・魅了スキルで人型の敵を足止め

【短所】
・魅了スキルは確率で不安定
・宝具効果のデバフだけでは被ダメを抑えきれない
  →防御バフなど味方のサポートが欲しい

基本情報

クラスアーチャー
HP/ATK8,731 / 7,696
属性天・混沌・善
特性男性・人型・神性・王
スキル
クラススキル
コマンドカード
宝具

スキル育成の優先度

カリスマ>黄金律>紅顔の美少年

火力UPスキル「カリスマ」を最優先。ランクA+で攻撃バフは最大21%と高倍率。味方全体の火力に大きく貢献できるので、高Lvまで育成しましょう。

次に「黄金律」を強化。NP獲得量バフが最大50%とこちらも高く、宝具回転率を大幅に伸ばせます。スター集中度の高さとも噛み合っていて、クリティカル込みなら一気にNP回収が可能。

「紅顔の美少年」は他スキルの汎用性が高いので後回しで。ただし性別を問わない人型魅了スキルは使い易いので、余裕があれば育成を進めましょう。最大で75%まで付与確率を上げる事が出来ます。

オススメの運用方法

全体宝具アタッカー

威力の高い全体宝具とクリティカルを主軸とした、純粋なアタッカー運用例。
全体攻撃バフで味方の支援が可能で、黄金律持ちで宝具使用まで持って行きやすいなど扱いやすい星3アーチャーです。

競合の星3弓が優秀揃いで単純なアタッカーとしては立場を奪われがちですが、子ギルの一番の強みは宝具の追加効果敵の宝具威力・クリティカル威力をOC1でも50%も減少させ、味方の耐久に大きく貢献出来るのが魅力。

特にマシュ・ナイチンゲールといった防御バフ・宝具威力デバフ持ちと合わせれば被ダメージを大幅に抑える事ができ、敵宝具を無敵・回避で凌げない時など、耐久が難しいクエストで活躍します。

▼アタッカー運用例。「黄金律」のNP獲得量バフを活かす為にスター供給役と一緒に編成しましょう。クリティカル込みなら一気にNP回収が出来ます。

相性の良いサーヴァント

ナイチンゲール互いの宝具威力デバフで、敵宝具の被ダメージを激減させる事が出来ます。特に強化解除・防御無視を持つ相手への耐久で有効。

その他単体Bバフで火力補助、星出しの得意なバーサーカーでクリティカル支援など相性抜群。
マシュ防御バフ+宝具威力デバフの組み合わせで被ダメージを大幅減少。

単体宝具はタゲ集中+無敵で、全体宝具は宝具威力デバフ+防バフと、両方に対応できるのが優秀な組み合わせ。
アンデルセン宝具回転を意識するならお勧めのサポーター。
スター供給でクリティカルを狙い易くなり、「黄金律」でのNP回収が捗ります。

「人魚姫の愛」に強化済みなら毎ターンNP獲得でさらに宝具回転が加速。

相性の良い礼装

周回など宝具の初速を早めたいならNPチャージ系。
乗算で火力を伸ばし易いバスター性能UP・宝具威力UPなどがお勧め。
バスター性能+クリティカル威力UPの組み合わせで、子ギルの宝具・通常攻撃両方に恩恵があります。

NPチャージは無いものの「黄金律」で発動まで持って行き易いので、ストーリー攻略などでの候補に。
宝具回転を更に早めるならNP獲得量UP礼装も候補。
「黄金律」と合わせて、強力な宝具効果を回し易くなります。

クリティカルを狙っていきたいので、毎ターンスター獲得+クリ威力UPの「トゥリファスにて」、スター集中効果の「ダンスウィズラウンズ」などが候補。

 

幕間の物語

▼第1節「野に咲く花の愛でかた」

コメント

タイトルとURLをコピーしました