宮本武蔵の評価とオススメ運用方法


「宮本武蔵」の評価やオススメの運用方法を紹介していきます。相性の良いサーヴァント・礼装なども載せているので、攻略の参考にして下さい。

[adchord]

特徴

【長所】
・高難易度適正の高いスキル&宝具性能
  …無敵貫通、弱体解除、強化解除
・「第五勢」のHIT数2倍で全カード性能を強化
  …アーツでNPを大量獲得、クリティカルで大ダメージ
・バスター3枚構成で火力を出し易い

【短所】
・アーツ1枚のため、PT単位のカード構成に難あり
・持続バフが少ない

基本情報

クラスセイバー
HP/ATK13,635 / 12,037
属性人・混沌・善
特性女性・人型
スキル
クラススキル
コマンドカード
宝具

スキル育成の優先度

第五勢>天眼>無空

「第五勢」を最優先で強化。通常攻撃の威力UPで火力が大きく向上する他、HIT数2倍でAQを使えば一気にNP回収が出来ます。武蔵運用での軸となるスキルなのでLv10を目指しましょう。

次に「天眼」を強化。バスターバフは最大50%と高倍率で、宝具やB3枚の火力を底上げする事が出来ます。高難易度での起用が多いため、無敵貫通のCT短縮も役に立ちます。

最後に「無空」。Lv上げで倍率が上がるのはスター発生バフのみ。無敵&弱体解除目的ならLv1でも運用できるので強化優先度は低いです。
ただしCT短縮で耐久力が上がるので、他2つの育成を済ませてから強化に移りましょう。

オススメの運用方法

宝具&クリティカルアタッカー

・「第五勢」+通常攻撃による大ダメージ&NP回収
・火力を出し易いバスター3枚構成
・「天眼」による高火力単体宝具
これらを軸としたメインアタッカー運用が基本。
「第五勢」はHIT数2倍+攻撃威力UPという優秀なスキルですが、これの真骨頂はクリティカル運用。「第五勢」+AクリでNPを大量に回収出来る他、Bクリティカルでは大ダメージを叩き出す事が可能です。
※「第五勢」での効果をフルに活かす為、Aコマンドが来た時orブレイブチェインが打てる時に使用するようにしましょう。

弱体解除・無敵貫通・強化解除を持つ事から、高難易度クエストでも大活躍。厄介なギミックにも武蔵1人で対応できるのは大きな強みです。

▼編成ではクリティカルを狙い易いようスター供給役も一緒に入れましょう。
またB3枚でNP貯めが難しいので、A多めやNP付与持ちのサポーターと組ませるのがオススメです。



▼武蔵を使っての高難易度攻略。デバフには弱体解除、無敵には貫通スキル、バフ盛りには宝具の強化解除と、武蔵が非常に刺さるクエストでした。

相性の良いサーヴァント

ナイチンゲールスターを吸わないバーサーカー、かつQで星出しが出来るので武蔵のクリティカル支援に向いています。

その他単体Bバフでの火力支援や、A始動でのNP補助も出来るので相性抜群。
エレナ3Tカードバフで武蔵の火力維持をサポート。
NP付与&スター供給で武蔵の足りない部分も補ってくれます。
アンデルセン低レアでオススメのサポーター。
スター供給&クリバフで武蔵の運用を支援可能な他、毎ターンNP付与で宝具回転も早める事ができます。

相性の良い礼装

クリティカルを狙っていきたい武蔵とは「スター集中度UP」系が相性良好。
第五勢+クリティカルで大ダメージを出せる上、AクリでNPを大量回収出来ます。

他の礼装候補では「願いの先」「スターオブキャメロット」など。
B3枚で即座には宝具を打てないので、NPチャージ系+αの礼装が安定します。

複合効果にはバスター性能UPがおすすめ。宝具+B3枚と、武蔵の主力コマンドをまとめて強化できます。
スター供給が間に合っているなら。運用の軸であるバスター&クリティカル両方を強化可能。

クリティカルを安定させる為、相方にはバーサーカー/キャスターなどスター集中度の低いクラスを編成しましょう。

相性の良いコマンドコード

高難易度クエストでのメインなため、火力や宝具回転の補助、バフデバフ対策を目的として付けるのがお勧め。
特にAクリティカルを出せるかで宝具回転率が大きく変わるため、星集中礼装を持たせないならコードでサポートしたい所。

天の楔【サーヴァント特攻付与】
高難易度では鯖相手が大半なので、火力UPコードの中でも汎用性が高いです。
心緋き臣下の令印【Buster刻印時のみ、クリティカル威力UP】
スター供給が出来るなら。火力を伸ばす上でこちらも有用。
白き器の令印【弱体状態を1つ解除】
「無空」スキルと合わせてデバフに強くなる組み合わせ。
未青き幻想の令印【Arts刻印時のみ、スター集中度100%UP】
アーツのカード性能が非常に高いのでお勧め。Aクリティカル+「第五勢」でNPを大量回収する事が出来ます。

体験クエスト

▼第1節「乱入者」

▼第2節「幕間 一の門」

▼第3節「幕間 二の門」

▼第4節「幕間 三の門」

▼第5節「漂流者」

コメント

タイトルとURLをコピーしました