アルトリア・ペンドラゴン(槍オルタ)の評価とオススメ運用方法


「アルトリア・ペンドラゴン(槍オルタ)」の評価やオススメの運用方法を紹介していきます。相性の良いサーヴァント・礼装なども載せているので、攻略の参考にして下さい。

スポンサーリンク

特徴

【長所】
強化済みで高火力の全体宝具
…乗算バフで威力を伸ばし易い
…防御無視+確率で宝具封印+呪いと効果も優秀。

「最果ての加護」スキルによるクリティカル運用が強力
…スター集中、星出し、クリバフと自己完結した性能。

【短所】
・NP&スター効率が低い(→味方や礼装のサポートが必要)
・耐久系スキルを持たない
・宝具封印は確率のため不安定

基本情報

クラスランサー
HP/ATK11,761 / 9,968
属性天・秩序・善
特性女性・人型・騎乗・王・竜・アルトリア顔・アーサー
スキル
クラススキル
コマンドカード
宝具

スキル育成の優先度

赤竜の息吹 ≧ 最果ての加護 > カリスマ

高火力の宝具とクリティカルが槍オルタの持ち味であるため、それを支えるスキルである「赤竜の息吹」「最果ての加護」を最優先。

強いて言うなら「赤竜の息吹」から強化しましょう。
クリティカルは手札やスター個数に左右されるため、狙って大ダメージを出せる宝具の方を優先した方が良いです。

カリスマは相対的に優先度は落ちるものの、3T攻撃バフで汎用性が高いため最終的に強化していくと良いです。

オススメの運用方法

宝具&クリティカルアタッカー

・強化済みで火力の高い全体宝具
・クリティカルで瞬間火力を叩き出せる「最果ての加護」
この2つを軸としたメインアタッカー運用が基本。

火力面に突出している一方で、耐久スキルが無くスター&NP効率も低めという尖った性能をしています。
火力面は十分なので、心許ない耐久・スター&NP供給を味方でサポートしていきましょう。

▼メインアタッカー運用例。複数相手は全体宝具でなぎ払い、機を見て「最果ての加護」でのクリティカルを叩き込んでいきます。
アーツが来た時に最果てを使用すれば効率的にNP回収が出来るのでオススメ。

相性の良いサーヴァント

マーリン・B宝具&クリティカルが武器の槍オルタと「英雄作成」が相性抜群。
・槍オルタの苦手なNP&スター稼ぎ、耐久面を補える。
卑弥呼・毎ターンスター獲得で、槍オルタのクリ殴りを補助。
・攻撃&バスター&クリバフ付与で火力サポート。
エリザベート・女性への攻撃二重バフで火力を大幅強化。
・同じB軸の全体槍同士で組ませ易い。
レオニダス・低レア盾役。
・タゲ集中で槍オルタを守りつつ、スター供給&Bバフでサポート。
アンデルセン・低レアサポーター。
・攻防バフ、NP&スター供給、HP回復と1人で満遍なく支援できる。

相性の良い礼装

NP効率が低いので、宝具発動を早めるNPチャージ系が鉄板。第1スキルでNP20%チャージを獲得したため、未凸カレスコで宝具を即発動できます。

NP50%+αの礼装を持たせるなら、複合効果はバスター性能UP・宝具威力UP・クリ威力UPなどが候補。
バスター性能&クリ威力UPで主力を全て伸ばせるので相性抜群。ただしNP補助はないので味方サポーターで補いましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました