女王メイヴの評価とオススメ運用方法


「女王メイヴ」の評価やオススメの運用方法を紹介していきます。相性の良いサーヴァント・礼装なども載せているので、攻略の参考にして下さい。

[adchord]

特徴

【長所】
・対男性で有効な魅了スキル&特攻宝具
・スキルで味方全体の[男性]鯖に攻撃二重バフ付与
・3T弱体無効持ちで高難易度適正◯
・耐久力が高い
  …スキルでHP回復+毎ターンHP回復
・NP効率が優秀
  …スキルで毎ターンNP獲得。7HITのEXアタックで稼ぎ易い

【短所】
・基礎ATKが低い
・デバフが多く弱体無効/耐性持ちは苦手

基本情報

クラスライダー
HP/ATK13,968 / 10,296
属性地・混沌・悪
特性女性・人型・王・騎乗
スキル 
クラススキル
コマンドカード
宝具

スキル育成の優先度

女王の躾>黄金律(体)>愛しき私の蜂蜜酒

火力UPスキル「女王の躾」を最優先。男性へのバフ倍率の伸びが大きく、最大40%も上げる事が出来ます。CTも最短5と短く、Lv上げの恩恵が大きいです。

次に「黄金律(体)」を強化。NP獲得量は10%固定で、伸びるのはHP回復量のみですがCT短縮の恩恵が大きいです。自身の耐久力UPは勿論、宝具回転率も向上させる事が出来ます。

「愛しき私の蜂蜜酒」は後回しでOK。魅了付与の確率は最大でも80%止まりで、防御デバフも伸びるものの1T限定なのがネック。
ただし宝具の精神弱体耐性ダウン20%を付与すれば100%に出来るので、魅了確率を上げる意味でもLv上げの価値はあります。

オススメの運用方法

男性サポーター&サブアタッカー

「女王の躾」による味方男性の火力をサポートしつつ、自身も単体宝具を軸に攻撃していくサブアタッカー運用。
スキル「女王の躾」は最大40%の攻撃バフを味方全体の男性鯖に付与する事が可能で、特に自前で火力バフを持たない男性アタッカーとは非常に相性が良いです。

一方でスター集中度の高さから星を吸ってしまい、味方のクリティカルを阻害してしまうのがネック。主力でクリティカルを狙いたいならスター供給策を多めにしましょう。
オルタニキ・新宿のアヴェンジャーなど、集中度の低い鯖が相方ならメイヴがクリティカルに専念出来るので、そちらの組み合わせもお勧めです。

▼サブアタッカー運用例。宝具が強化済みなので、特攻対象外でもある程度ダメージを稼ぐ事が出来ます。

男性特攻アタッカー

宝具は特攻倍率が高い上に強化済み。対男性ではアタッカーとして抜きん出た火力を発揮してくれます。
また宝具で敵の精神弱体耐性を下げる事が出来(OC:20〜60%)、第3スキルの魅了付与(最大80%)と合わせれば敵男性をほぼ確定で足止めする事も可能です。

宝具回転率も良好な部類。「黄金律(美)」での毎ターンNP獲得+A始動でNPを稼ぎ、高火力の特攻宝具を連発出来るのは魅力的。3T弱体無効も持つので高難易度クエストでもアタッカーとして活躍する事が出来ます。

一方でスター効率は悪いので、編成ではスター供給役と組ませるのがお勧め。
高いスター集中度からクリティカルを狙い易く、低めなATKを補える他、Aクリで宝具回転率も伸ばす事が出来ます。

相性の良いサーヴァント

クーフーリン(オルタ)攻撃バフを持たず、基礎ATKが高いので「女王の躾」の恩恵が大きい相方。

「矢避けの加護」で耐久力があり、星を吸わないのでメイヴのクリティカルも支援出来ます。
坂田金時(騎)攻撃バフを持たない男性ライダー。「女王の躾」+自身のQバフの乗算で宝具火力を大幅に伸ばす事が出来ます。

星出し性能が高く、メイヴのクリティカルも狙い易いです。
ティーチサブアタッカー兼ヒーラーに。
「女王の躾」でティーチの火力UP、「紳士的な愛」のHP回復でメイヴの耐久力UPと、シナジーの強い組み合わせ。
アンデルセン低レア鯖でのお勧めサポーター。
スター供給&クリバフでメイヴのクリティカル運用を補助する事が出来ます。

「人魚姫の愛」をメイヴに付与すれば、毎ターンNP20%獲得となり、宝具を更に回し易くなります。

相性の良い礼装

元々のNP効率が良いことから、NP獲得量UP礼装とは相性抜群。宝具回転率を引き上げる事が出来ます。

「トゥリファスにて」は毎ターンスター獲得&クリ威力UPで、クリ運用も補助が可能。
他には「天の晩餐」「ビューティフルドリーマー」なども候補。

バスター性能&宝具威力UPも相性良し。
攻撃バフとの乗算で、宝具火力を効率良く伸ばす事が出来ます。

エアリアルのようにATK特化の礼装は、メイヴの基礎ATKの低さも補えるのでお勧め。
宝具火力に特化させるなら。
NP効率が良いので宝具を連発し易く、HP回復でデメリットもカバー出来る事から相性が良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました